母子家庭で借金返済をした経験

私は夫と離婚して子供と一緒に二人で暮らしている母子家庭です。
離婚の原因は夫の浮気で、慰謝料などももらい、養育費ももらったのですが、同時に家も失ったので、まずは、二人で住むためにアパートを借り、少しでも子供のためにお金を残したいので、事業を展開するために、借金をして、子育てをしながら仕事をすることができるような体制にしました。
しかし、借金を作ってまで立ち上げた事業が振るわず、結局借金だけが残ってしまいました。事業を展開するために慰謝料もすべて使ってしまい、養育費をもらってもぎりぎりの生活を強いられておりました。
借金返済をするために、とある企業に就職し、アルバイトなどもこなして、子供は保育園に預けました。なかなか生活を立て直すことができず、借金の催促は容赦なく来て、借金のことばかり考えて生活していました。子供のことも少しかまってやれなくて子供にも申し訳ないと考えておりました。
そんなとき、債務整理という方法があることを知りました。
弁護士に相談したところ、自己破産をすることを勧められ、自己破産をして全ての借金返済をすることができました。
おかげで、お金は借りられなくなったものの、何とか生活することができるようになりました。
とても良かったです
未来の自分のために考えるお金のこと、松井証券動画レポート(高井ひろえ)
これからインフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)が進むと、ほうっておくだけで預金の価値が減ってしまいます。かつ、現在の普通預金の金利は超低金利です。金利が今後物価の上昇率を上回るほど高くならない限り、預けているお金の価値は実質的に目減りすること (続きを読む)

広告